MediaBox

自然豊かな場所で、何にも縛られずに動物たちと豊かに暮らす事が夢です。

甲子園

夏甲子園2017高校野球チケットの値段や買い方は?当日券も買える?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

東海大金久保優斗投手

いよいよ、夏の甲子園(選手権)各校の組合せも決まり、大会を待つだけになりました!

今年の注目選手は、東海大市原望洋の金久保優斗投手です。

体はスリムながら、最速では146キロマークする安定感ある投球で2年春の県Vに貢献。

各球団のスカウトチームからも注目される選手だけあって、ドラフトも見据えた今年の甲子園の大注目選手です。

そんな2017年夏の高校野球を甲子園球場で観戦したい!という方に、チケット値段や購入方法、また座席などについても調べてみました!

スポンサーリンク

前売りも当日券も料金はおなじ

まず驚いたのは、高校野球の観戦チケットって、前売り券も当日券も同じ値段だということです。

一般の音楽や観劇チケットになると、前売りはグンとお得になっていたりもするのですが、高校野球のチケットはさすがに売上重視ではないのですね。

ただ、座席の確保は、確実に前売りを購入していくほうが良い席が確保できますね。

 

甲子園チケットの値段(料金)はいくら?

まず最初に、チケットには座席によって区分けされていて、席によって値段は異なります。

*子供とは、4歳以上小学生以下。3歳以下は無料です。

【特別中央席】

・一般・子供:2,000円

【特別自由席】

・一般:1,500円

・子供:600円

【アルプス自由席】

・一般・子供:600円
【外野席】

・無料

スポンサーリンク

おすすめの席はどこ?

オススメの席は、1塁側と3塁側の特別自由席の2箇所!

ここは、選手たちのベンチに近いので、選手と監督のやり取りが聞こえたり、間近で選手の表情画見えたりして、臨場感のある場所です。

チケットの値段

・一般:1,500円

・子供:600円 と、お手頃です。

オススメ席

車椅子観戦席

数はあまり多くないのですが、車椅子用の観戦席が31席あります。

車椅子席の当日券は、大会本部窓口で購入可能で、付添者2名までが同額です。

プロ野球だと完売もありえるようですが、高校野球の車椅子席が完売することは考えにくいようで、例年、当日の窓口でも手に入るようです。

ただ、こちらも日陰ではありませんから、車椅子の金属部分が猛烈に熱くなる心配があります。

熱中症ほか、大げさなようですが、やけどにも注意しておいたほうがよさそうです。

【中央特別自由席】

・一般:1,000円

【特別車いす席】

・一般:750円

・子供:300円

【アルプス車いす席】

・一般・子供:300円

【外野席車いす席】

・無料

当日券の買い方と購入場所について

当日券は、甲子園球場の入場券売場で球場開場とともに発売されます。

時間は、通常8:00位から。

1試合目観戦の場合は朝の7:00頃から発売されるようです。

ただ、例年、甲子園が開幕してまもなく、売り切れることが殆どですから、こちらもチェックして、事前にチケットは手に入れておいたほうが確実かもしれません。

⇒ 当日券】2017!全国高校野球選手権大会のチケット一覧

甲子園座席表と当日券売り場

まとめ

ここでは、2017年夏の高校野球・夏甲子園(選手権)のチケットの値段や買い方を座席案内とともにまとめてみました。

こういった勝ち抜き試合は、血漿が近づくに連れ、前日まで国合わせがわかりません。

そういった意味では、前日チケットも当日チケットも料金が同じ、というのはうれしいですね。

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

BBX サプリメント

スポンサーリンク

-甲子園

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

BBX サプリメント