MediaBox

自然豊かな場所で、何にも縛られずに動物たちと豊かに暮らす事が夢です。

話題のニュース

イクメンパパになってもらうための簡単な方法:NHKスペシャルでも

投稿日:

スポンサーリンク

今回のNHKスペシャルでは、1月に放送されて大反響だった「「育児がつらい原因は人類進化にあり!」(ママたちが非常事態!?)の第2弾!

母とイクメンの最新科学と題された今回の番組の中でも解き明かされる、イクメンパパの脳や体に起きる思いがけない変化について、一足先に調べてみました。

出典:http://www.sciencemag.org/news/2014/05/parenting-rewires-male-brain

出典:http://www.sciencemag.org/news/2014/05/parenting-rewires-male-brain

まず、子育て中の母親に多く分泌されるホルモンがあることが既にわかっています。

それは、幸せホルモンと言われるオキシトシン

幸せホルモンオキシトシンとは

オキシトシン は視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンであり、9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンである。

とちょっと難しい言葉が並ぶのですが、

分娩時に子宮収縮させたり乳腺の筋線維を収縮させて乳汁分泌を促すなどの働きを持ちますから、女性に特有な機能に必須なホルモンとして発見されました。

しかしその後、男性にも普遍的に存在することが判明しているのです。

出産経験がない男性に、このオキシトシンがどう分泌されるのか???

それは以外にも簡単な方法で、愛撫や抱擁などの皮膚接触。

なので、抱擁ホルモンとも呼ばれています。

そして、育児に積極的な男性の体内では、子育て中の母親と同じようにこの愛情ホルモン(幸せホルモン)=オキシトシンが多く分泌されることが判明しているのです。

わが子に触れれば触れるだけ愛情ホルモンが分泌されると言うことです。

2001年の生理学誌によると、オキシトシンを脳に直接注射されたマウスのオスは、肉体的な発情反応を見せたそうだ。

研究を行ったエリソン博士によると、オキシトシンは抱擁を行う男女の間でも確認できるという。

ただし放出されるオキシトシンの量には個人差がある為、抱擁を嫌う人間は、オキシトシンを感じにくい体質ではないだろうかと推測されているようです。

女性には母性本能が備わっており、子供を育むと親としての本能が活性化されますが、男性の場合も同様で、自らの子供と接し、世話をすることで、これまで眠っていた神経回路が再配線され、女性と同様の親としての本能に目覚めるという研究結果が報告されています。

つまり、母性本能というようなものは、女性だけに特有なものではなく、妊娠・出産に伴うホルモンだけで活発化するものではないということを示していて、親になることを選択した誰にでも起こりものことだと言えるのです。

実際にこれは、同性婚をしたカップルが養子縁組した子供に対しても同様の結果がでたという実験結果もあります。

更に同性婚の母親役の男性に関していえば、女性の母親と同様の脳の領域が活性化されたそうですよ。

具体的な研究実験は

イスラエルのバル=イラン大学の心理学・神経科学者ルース・フェルドマン研究チームは、子育てを経験した男親の脳の変化を調べるという、世界初の研究を行った。

この調査は2つのタイプの家族を対象に行われた。

ひとつは異性愛の夫婦、つまり生物学的な母親が子育ての大部分を担い、ときに父親も関わる従来の形の夫婦。もうひとつは同性愛の男性同士の夫婦、つまり代理母の助けを借りた、生物学的な父親ともうひとりの男親の夫婦だ。全員親になるのは初めてである。

フェルドマンは、被験者たちの家庭を訪ね、親が子供と一緒のとき、親だけ、子供だけのそれぞれのビデオを撮影した。それから、テルアビブ・ソウラスキー医療センターと共同して、ビデオ撮影前後の親たちの唾液サンプルを採取し、オキシトシンの量を測定した。

オキシトシンは、愛情をかけたり、親密になったりしたときにたくさん放出されるホルモンだ。また、子供と一緒のビデオを見ている親たちの脳をfMRIでスキャンして、その活動の様子をみた。

 

その結果、異性婚、同性婚にかかわらず、どちらの親の脳も、いわゆる親の神経回路というものが活性化していたことが判明した。

この回路には、ふたつの領域がある。ひとつは強い感情、注目、警戒、報酬といった感情をコントロールする扁桃体、側坐核、島皮質。もうひとつは、学習や経験などと結びついている、前頭前皮質や上側頭溝と呼ばれる部分だ。

異性婚の女親は扁桃体の活動が活発となった。それに対し、男親は経験依存の回路のほうが活発だった。女親は感情的回路が活性化され、対して男親は子供と接し、世話をやいて、コミュニケートしながら、子供の要求を学習することで、いわゆる父性愛を発達させていくようだ。

しかし、同性婚のカップルの場合は、ちょっと違う。同性婚の母親役の男性は、異性婚の女親とまったく同じ脳の動きを示し、扁桃体の活動も盛んだった。「女親がそばにいないため、子育てを実際に自分で体験することで、妊娠出産した女親と同じ脳の回路を形成している可能性があるのではないか。」と、フェルドマンは言う。

ちなみに、異性婚の男親の扁桃体の活動は、子供と過ごす時間の多さと比例していくが、異性婚の女親や同性婚カップルと同じように高くはならなかったようだ。

はっきりしているのは、わたしたちはみんな、きめ細やかな愛情を与えられる神経回路をもって生まれ、妊娠・出産ホルモンに関係なく、子育てを経験することによって、より母性愛・父性愛を発達させていくということだ。

出典:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52165159.html

 

健康な男性は、通常、男性ホルモン=テストステロンが優位な状態です。

このテストステロンは闘争ホルモンとも呼ばれていて、より男性らしさを保ってくれるホルモンのですが、このホルモンは、子供の泣き声に対しては不快と感じて、攻撃したくなるような気持ちを引き起こさせます。

子供とのスキンシップが少ない父親が、子育てに協力的じゃない場合、これは顕著に現れます。

でも対処は以外に簡単。

最初は面倒臭がっていたとしても、無理やり子供に触らせることにより、愛情ホルモン=オキシトシンの分泌が盛んになります。

この状態が常になってしまえば、子育てに協力的どころか、積極的過ぎるくらいのイクメンに変化する可能性もあるかもしれませんね。

 

 

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

BBX サプリメント

LINEで送る
Pocket

-話題のニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フィギアスケートGPシリーズ2016の日程とテレビ放送日本時間まとめ

フィギアGPシリーズ2016(フィギアスケート2016グランプリシリーズ世界一決定戦)がいよいよ日本時間10月22日(土)から始まります。 この大会は、第1戦から第6戦を勝ち抜いた世界のトップ6名だけ …

no image

パリコレがネコ!ねこ!猫!のねこだらけ!2兆円超のネコノミクスとは?

猫ブームの火付け役になった和歌山電鉄・貴志駅の名物猫、たま駅長がもたらした経済効果は年間約11億円に上り、。猫をマスコットにした町おこしの試みは全国に広がり、日本はもちろん海外からもファンを集めたほど …

no image

男子バレーオリンピック最終予選のチケット【当日券】情報

スポンサーリンク 男子バレーボール世界最終予選、いよいよ始まりました! まずはベネズエラ戦、白星勝利にヤッター!です。 出典:http://news.yahoo.co.jp/pickup/620246 …

no image

寺内樺風(かぶ)は朝顔の種で少女を洗脳していた!初公判より

スポンサーリンク 埼玉県朝霞市で、当時中学1年生だった少女を誘拐し、2年にわたり監禁した罪などに問われている寺内樺風(かぶ)被告の初公判が9月27日に開かれました。 寺内樺風(かぶ)被告は、少女に重度 …

no image

高知東生(のぼる)の本名は大崎丈二(おおさきじょうじ)!覚醒剤と大麻所持で逮捕!

スポンサーリンク 高知東生(たかちのぼる)さんこと、本名:大崎丈二(おおさきじょうじ)さんが6月24日の午後、覚せい剤と大麻を所持していたとして、現行犯逮捕されたようです。 妻は、あの女優の高島礼子さ …

BBX サプリメント