MediaBox

自然豊かな場所で、何にも縛られずに動物たちと豊かに暮らす事が夢です。

ステキな人々

サンバダンサー工藤めぐみさん:情熱大陸

投稿日:2016-02-28 更新日:

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

サンバダンサーの工藤めぐみさん が2/28(日)の情熱大陸の主人公です。

工藤めぐみさんのオフィシャルブログでは、工藤さんの等身大の日常も垣間見れます!

日本ではお祭りのイメージが強いリオのサンバカーニバルですが、実は技を競うコンテストなのだそうです。

工藤めぐみさんは、数あるサンバチームの中でも毎年優勝争いをする強豪チーム「サウゲイロ」に所属し、4千人からなるチームの中で40人しかいないトップダンサー“パシスタ”として活躍していらっしゃいます。

チーム唯一の日本人が工藤めぐみさん。

番組内容
日本ではお祭りのイメージが強いリオのサンバカーニバルですが、実は技を競うコンテストでもあるのだそう。
数あるサンバチームの中でも毎年優勝争いをする強豪チーム「サウゲイロ」に所属し、4千人からなるチームの中で40人しかいないトップダンサー“パシスタ”として活躍する、チーム唯一の日本人が工藤めぐみさん。
工藤めぐみさんの「原点」ともいえるスラム街の暮らしにあった「ある家族」の存在。
カーニバルの舞台裏と五輪を控え熱気に包まれるリオの「いま」に迫るというもの。

工藤めぐみさんプロフィールと経歴

生年月日:1985年9月3日
出身地:神戸市
身長:168cm
オフィシャルブログ⇒「サンバな人生 from RIO

工藤めぐみさんは、9歳の時に、お母さんと一緒にダンススクールに通い始めます。

そこでは、クラシックバレエとサンバを習っていらっしゃって、サンバの面白さに目覚めて、いつかは教室を開こうと思っていたようです。

教室を開くためには一度は本場のサンバを勉強しておきたいという思いから、大学入学後、1年生の後期をまるまる休学して、ブラジルに行くことを決意。

ブラジル決意を後押ししてくれたのは、めぐみさんのお母様。

ブラジルは、治安が悪いことに加え、公用語はポルトガル語で英語も通じにくい。

そのことを不安に追っているめぐみさんに、

「何言ってるの、18歳でこれから何にだってなれるんだから、やれる時にどうしてやらないの。私が行きたいくらいやわ」という言葉で、覚悟が決まったのだそうです。

ところが、実際に行ってみると、北部のカスカドゥーラという治安の決して良くない街での生活は、想像していた以上の厳しい状況です。

言葉はまるっきり通じないばかりか、買い物の仕方、バスの乗り方さえわからない。

また、インターネットもない、などの環境の中で、新しい生活がはじまったそうです。

しかも、リオのカーニバルと言えば国民的な行事。

そこに外国人が参加して、「パシスタ」というトップダンサーになろうとしているわけですから、初めは無視されたり、いやがらせに近いことをされたりもしたそうです。

そこを、工藤さんの方から近づいて行って、日本語や日本の文化を教えたりしているうちに、仲間としてみてもらえるようになって、「パシスタ」のオーディションにも参加できるようになったのだとか。

そして、「G.R.E.S Tradicao(トラヂサォン)」「G.R.E.S Portela(ポルテーラ)」の2チームのオーディションに合格です。

その後、帰国されますが、何度もリオのカーニバルには出場されています。

日本人離れした体型に華やかな目鼻立ちの美貌で、所属したチームがこれまで優勝1回、準優勝2回という輝かしい経験を持っていらっします。

2005年2月、パシスタとしてリオのカーニバルに初出場。
2008年秋(23歳)、「G.R.E.S. Academicos do Salgueiro(サウゲイロ)」のパシスタに選出。
2009年2月、チームが16年ぶりに優勝。日本人パシスタとして、初めての栄冠を獲得。
2010、2011、2013、2114、2015年「サウゲイロ」のパシスタとして出場。
2014年、2015年は準優勝

日本に帰国されている時には、神戸のサンバチーム「BLOCO Feijāo Preto(ブロコ フェジョンプレット)」
のダンサーリーダーを務めています。
そして、神戸のダンススクールでは、念願だった指導も行っていらっしゃいます。

リオのカーニバルとは?

リオのカーニバルは、2月7,8日の二日間行われます。

工藤さんいわく、お尻を出して羽根を付ければだれでも踊れて、可愛かったら優勝できるような、そんな甘いものではないそうで見ている側の、見る側を楽しませてくれる華やかで楽しそうなイメージとサンバダンサーの方たちの意識は全く別。

いわば、アスリートが、オリンピック出場を目指すような厳しいイメージのようです。

リオのカーニバルは、謝肉祭とも呼ばれる、キリスト教のお祭り。

イースター(復活祭)へ向けての禁欲期間に入る前の大騒ぎのお祭りです。

ヨーロッパを中心に有名なカーニバルがあり、2016年は、2月5日が開会式、9日まで続きます。

セントロ(旧市街)でも大小さまざまなパレードがあります。

リオ・ブランコ大通りのパレードが特に大きく、セントロのサンボドロモと呼ばれる全長700mで行われるコンテストがメイン。

かなりのどんちゃんさわぎなので、治安は悪化するのだそうです。

 

まとめと感想

リオのカーニバルのあれほどの華やかさは、サンバダンサーたちの努力の賜物だったという事実をはじめて知りました。

スポンサーリンク

 

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

BBX サプリメント

-ステキな人々

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREV
かじしか博多須崎町の屋台の女将下村和代さんが生きるを伝えるに
NEXT
獣医師谷川ももこさん(鳥獣害対策スペシャリスト):人生デザインU−29
BBX サプリメント