MediaBox

自然豊かな場所で、何にも縛られずに動物たちと豊かに暮らす事が夢です。

ステキな人々

最後の職人江戸やすりを作る職人深澤敏夫さん:仕事の流儀

投稿日:

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

大量生産・大量消費の時代に、“最後の職人”と呼ばれる男たちがいる。

2月22日放送の仕事の流儀は、お二人の職人さんがオムニバス形式で紹介されます。

ここでは江戸やすり職人の深澤敏夫さん(74歳)についてご紹介したいと思います。

 

ヤスリの語源は鏃(やじり)を擦る、又は弥磨(いやすり)からヤスリになったとわれています。

そして、ヤスリの95%は広島県呉市で作られており、江戸ヤスリの製造量は、わずか1%以下だそうです。

その中のわずかな特注品分野において日本一の技を見せるのが深澤敏夫さんです。

そのやすりには、実は色んなものがあるのです。

刀鍛冶など鍛冶屋用の各種ヤスリ、刀の鞘を削る長い柄がついたやすり、琵琶、尺八、笛、三味線などの楽器用の各種ヤスリ、光学器械用のヤスリ、また、医学の分野でも、外科用、歯科用など。

象牙用、鼈甲用、鉄砲用、靴製造用など様々なヤスリがあって、深澤敏夫さんのところには海外からも発注が入るそうです。

 

深沢敏夫(ふかざわ としお)さんプロフィール

名前:深沢敏夫(ふかざわ としお)
生年月日:昭和16年10月3日

・台東区優秀技能者
・東京都優秀技能章
・台東区生活無形文化財

3代目の江戸ヤスリ職人として中学を出てから、お父様に弟子入りしたものの2代目(お父様)が戦争に行った為、教わる人がいなくなってしまいます。

お父様(2代目)が私の兄弟子に言い伝えてあった為、様々な兄弟子の得意技を体得することができたのだそうです。

また、なにくそと思いながら多くの難度の高いヤスリに挑戦し続けた結果、難しいヤスリが得意技となっていったとか。

江戸やすりは350円から受注を受け持っているようです。

後継者がいない

還暦も遠くに見送り、後継者のいない今、自分のできることで世間のお役に立ち、お客様に喜んでもらえることが一番の楽しみだとか。

それでもやっぱり心配は後継者がいないこと。

やすりは現在、統一規格としてJIS規格に基づいて大量生産が可能となっています。
ですがそれは制作側としての規格であり、使う人側の都合ではありません。

江戸時代から続いている東京下町の飾り職人たちや大阪の裏長屋の貴金属工芸作家の方々はずっと使ってきた道具との違いがあり、規格品ではなじめないのだそうです。

たとえば、左利きの人たちや伝統工芸職人。

また、国宝の修復を仕事とされている人たちや、外科手術用の骨や刃を削るといった特殊な用途でも、自分の使い心地のいい形・サイズのものを使い続けているそうです。
現在手作りやすり職人は、深沢さんを含めて、全国でわずか10人くらいだそうで、後継者はいない、と。

「注文に応じられるのもあと数年ですから、一本からでも作りますので、どうぞお気軽にご相談ください。」

とおっしゃる深澤敏夫さんはまさに職人のなかの職人さんといった感じでしょうか。
一般の方から職人の方まで、どんな注文でもオーダーメイドで作成してくださるのだそうです。
一般やすり・筋を入れる筋やすり・貴金属用の鉄鋼やすり・木工などの斜離目やすり・爪磨きなどの爪やすり・各種溝やすりなど、様々な難度の高いやすりはもちろんのこと、今使っているやすりが切れなくなったという注文にもすべて応えているといいます。

物によるとおもうのですが、江戸やすりは350円から受注を受け持っているとか・・・

でも、この値段で注文するには、気が引けてしまいます。

と、購入できるところがないか探したら、インターネット注文ができるようです。

でも、本当に、お値段が台東区生活無形文化財の方のお品とは思えないくらい、庶民の私にはうれしいのですが。

沢山なる中から、お買い求めしやすい価格のものと、使いやすいセットになったものをピックアップしておきます。

 

深澤敏夫作 つめ ヤスリ(やすり)

価格:594円
(2016/2/22 21:49時点)
感想(9件)

深澤敏夫作 爪・かかとヤスリセット

価格:2,484円
(2016/2/22 21:46時点)
感想(2件)

まとめと感想

世の中の、本当に人の役に立とうとする方は、人生においてのビジョンが大きい。

そして、それはやっぱりとても素敵なことだと思うのでした。

 

オムニバスで紹介されるもう一人の職人さんもあわせてどうぞ。

最後の職人漆(うるし)カンナ職人の中畑文利さん:仕事の流儀

 

 

 

 

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

BBX サプリメント

 



 

-ステキな人々

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREV
最後の職人漆(うるし)カンナ職人の中畑文利さん:仕事の流儀
NEXT
すい臓がんの最新治療ナノナイフ:たけしのみんなの家庭の医学
BBX サプリメント