MediaBox

自然豊かな場所で、何にも縛られずに動物たちと豊かに暮らす事が夢です。

ステキな人々

クロスロード【廣岡政幸/フリースクール校長】の人生を大きく変えた伊藤幸弘氏とは?

投稿日:

2016年1月16日放送のクロスロードでは、様々な悩みや問題を抱え居場所をなくした若者たちを引き受ける全寮制フリースクール「ワンステップスクール伊藤学校」の校長を務める廣岡政幸(ひろおかまさゆき)氏に密着した内容になっています。

小学校5年生ですでに荒れた生活を送っていた廣岡政幸氏が、人生を大きく変えた出来事と、大きく変えてくれた人物、伊藤幸弘氏について調べてみました。

スポンサーリンク

 

廣岡政幸 (ひろおか まさゆき)氏プロフィール

生年月日:1981年 千葉県生まれ。

幼少期に大病を患い、足に重度の障害を抱えてしまう。
小学校では、日々いじめを受ける。 周囲の子どもたちと同じように生活できない苦しさが反動となり小学校5年生では、喫煙、バイク窃盗、深夜徘徊など荒れた生活を送るようになる。

その後も傷害、恐喝などあらゆる悪行を尽くし、高校はわずか1年で退学

その後ニュージーランドにて2年間、海外療育プログラム(自立更生の指導)を受ける。

帰国後、伊藤幸弘との出会いで人生が大きく変化する。
自身の経験を生かし、問題を抱える青少年の自立更生に尽力することを決意。

08年にワンステップスクール伊藤学校を設立。

不登校、非行、引きこもりなど問題を抱える青少年を預かり共同生活を行う。

現在では、家庭裁判所や保護観察所からの依頼を受けて少年保護の協力も行っている。

現在:ワンステップスクール伊藤学校 青少年育成コーディネーター

人生を大きく変えた伊藤幸弘(いとうゆきひろ)とは 

ワンステップスクール伊藤学校 名誉顧問 伊藤幸弘(いとうゆきひろ)

伊藤幸弘教育研究所

生年月日:1952年 神奈川県生まれ

様々な問題を抱える少年少女とその親たちのカウンセリングなどのボランティア活動を続ける中、5000人超の相談者と向き合ってきた。

 自身も母を亡くした悲しさから非行に走った過去がある。

約30年前に暴走族・総長という経験を経て、その後は世の中のために生きることを誓った。
また、自身の活動がNHKほか各局などで、ドキュメントが放送され、全国から問い合わせが殺到し、注目を浴びた。

国会からも青少年問題特別委員会の参考人として招れ、教育文化に大きな衝撃を与えた。

現在は、「ワンステップスクール伊藤学校」として組織を拡大し、一人でも多くの家族に明るい未来を提供するため今日もまた全国を駆け回っている。

青少年非行防止ネットワーク 理事長
愛知県高浜市青少年育成指導員

伊藤幸弘(いとうゆきひろ)経歴

昭和27(1952)年、神奈川県平塚市生まれ。小学生の時に最愛の母親が病死、父親の事業失敗も加わり甘えん坊でわがままな性格から、「愛情不足の淋しさ」 を引きずって中学時代から非行の世界へ足を踏み入れた。

傷害事件で高校を中退、少年院送致の保護観察処分を受けた。

その後はまじめに仕事をしたいたが、暴走族に襲われて仕返しを決意。

先輩と数人で小さな暴走族を結成し、喧嘩と暴走を繰り返したあげく、構成員15,000人の全国組織「相州連合」へと拡大。

2代目総長として非行少年の頂点に君臨していた。

だが悪いことは続くものではない。

警察の徹底した暴走族壊滅作戦により逮捕され、道路交通法違反で禁固1年の実刑判決を受け刑務所で服役。

そんな伊藤が更正を果たせたのは、周囲の人々の暖かい愛情であった。これからどうやって生きていこう。

淋しさに打ちひしがれて刑務所の門を出たその時、彼の目に飛び込んできたのは、以前勤めていた自動車修理工場の社長の姿であった。

連絡した訳でもないのに、知り合いから借りた高級外車で出迎えてくれたという。

伊藤は言う。
くずみたいな自分のために、特別な車を用意して迎えに来てくれた。そこまで自分のことを思っていてくれたのかと、涙が止まらなかった」と。

そして社長はうなぎをご馳走してくれ、伊藤は工場に連れて行かれた。
そこで待っていたのは、全従業員の拍手の出迎えであった。

「よくがんばったな!お帰り!」

笑顔の出迎えに、もう工場に戻れないと思い込んでいた伊藤は再び涙した。

工場の人々はその後もしばらくの間、伊藤が昔の非行仲間の元に戻らぬようにしてくれたという。

ある人は毎日自宅に呼んで夕食をご馳走してくれ、ある人は休日に釣りに誘ってくれた。

またある人は何回も伊藤の部屋を訪ね、夜中まで話し相手になってくれた。

そんな人々の愛情を受けて伊藤は
「二度と人に迷惑をかけるのはやめよう、これからは他人のために生きよう」と決意したという。

もし出迎えたのが社長ではなく、付き合いのあった暴力団関係者であったら、また違った人生になっていただろう」と。

まとめると

愛情不足の寂しさから非行に走り、暖かい愛情によって、人のために愛情を注ぐ。

受け取る愛情、与える愛情によって、人は簡単にジブンン人生だけではなく人の人生までも変えていくことが出来るのですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク