MediaBox

自然豊かな場所で、何にも縛られずに動物たちと豊かに暮らす事が夢です。

話題のニュース

たけしの健康エンターテインメント!の便移植や腸内フローラって何?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

たけしの健康エンターテインメント!で紹介された便移植とか腸内フローラってって何?

人間のあらゆる健康面に関係していると、最近話題の“腸内フローラ”。腸内フローラを改善する方法として、これまでと全く違う方法が紹介されました。

それが、他人の“便”を自分の腸に移植する便移植という方法

 

便移植の現状

実は、この治療法はすでに欧米諸国では通常医療として行われており、その有効性は多数報告されています。

抗生剤長期投与によって生じる難治性腸炎についてはほぼ100%、炎症性腸疾患については約70%の患者の方が病気が落ち着く(寛解)状態で、その他の、自己免疫疾患、糖尿病、また肥満などについても応用され始めています。

ただ、新しい治療には全て当てはまることですが、長期間の治療効果については現在は経過観察段階で、結果が待たれている状態の様です。

薬物医療ではないため、薬剤性の副作用はなく、

下痢や腹痛などの副作用も少数報告されてはいるようですが、現時点では、重篤な有害事象の報告はなされていないようです。

 

便移植の目的

この治療は、腸内細菌の乱れが原因と思われる種々の感染性腸炎や炎症性腸疾患の患者さんに対して、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう=腸内フローラ)を健康に戻すことを目的に行われている治療です。

健康な人から糞便を提供してもらい、それを処理したのち大腸内視鏡やチューブを使って腸内に移植する治療です。

では、そもそも、腸内フローラ(腸内細菌叢ちょうないさいきんそう)とは何でしょう?

 

スポンサーリンク

腸内フローラ(腸内細菌叢:ちょうないさいきんそう)とは?

私たちの腸内にはたくさんの細菌が住みついています。

これらの腸内に住んでいる細菌は、腸内菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態で、この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子にたとえられることから「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。

「腸内フローラ」の様相、つまり腸内に生息している細菌の種類は、人がそれぞれ顔や個性が異なるように、その人その人でまったく違うもの。

また、「腸内フローラ」の状態は生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化します。

腸内菌を大きく分類すると、乳酸菌などのような善玉菌、ウェルシュ菌などのような悪玉菌、そしてどちらにも属さない中間の日和見菌に大別できます。

健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、「腸内フローラ」が一定のバランスが維持されていますが、逆に、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進んで健康に有害な物質が増えます。

これらの有害物質がくさいオナラの原因になったり、もっとひどいことには、有害物質が腸管から吸収されてしまい、やがて肝臓、心臓、腎臓などにも負担を与え、老化を促進させたり、癌をはじめとするさまざまな生活習慣病の原因になることもあるのです。

 

まとめると

「腸内フローラ」は常に善玉菌優勢であることが望ましいことはわかりました。

今までは、善玉菌の基になるヨーグルトなどの発酵食品で腸内のバランスを整える方法が主流でしたが、そんなことより直接腸にアプローチした方が効果的であるということでの、便移植です。

きちんと処理してから行われるとはいえ、便と聞くと、排泄物そのもののイメージがぬぐえないのですが、良く考えると、いたってシンプルな方法なのかもしれませんね。

 

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

 

 



BBX サプリメント

スポンサーリンク