MediaBox

自然豊かな場所で、何にも縛られずに動物たちと豊かに暮らす事が夢です。

ステキな人々

情熱大陸“沈黙の臓器”のがんに挑み続ける外科医!【上坂克彦/世界が注目する】

投稿日:2016-01-10 更新日:

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

2016年1月10日放送の情熱大陸では、生存率の飛躍的な上昇に世界が注目!“沈黙の臓器”のがんに挑み続ける上坂克彦医師(外科医)に密着。

早期発見、早期治療により治らないイメージが薄れてきた“がん”。

ですが、一方で、肝臓・胆道・すい臓は自覚症状の乏しさから“沈黙の臓器”と呼ばれ、未だ治療が困難とされていまます。

去年9月に女優の川島なお美さんが亡くなった胆管がんもその一種で、5年生存率が低く再発率が非常に高いのが特徴です。(*胆管とは肝臓から十二指腸までの胆汁(肝臓でつくられた消化液)の通り道)

こうした困難ながんの治療に挑み、生存率を飛躍的に高めているのが肝・胆・膵外科医の上坂克彦医師。

「良い癌医療をしたい」の一念で開業から13年の静岡がんセンターを全国トップレベルの治療拠点にまで牽引した手腕の持ち主。

その上坂克彦医師に密着した番組です。

スポンサーリンク

番組内容は

「良い癌医療をしたい」の一念で開業からまだ13年の静岡がんセンターを全国トップレベルの治療拠点にまで牽引した手腕の持ち主の上坂克彦医師。

そんな彼のもとに、難易度の高い肝臓内部の癌の患者が駆け込んで来た。

地元の病院では手術を断られたという71歳の患者。

聞けば当人も現役の医師だという。

 

上坂克彦医師プロフィール

・胆すい外科医 1958年愛知県出身の57歳。

・名古屋大学医学部卒業後、当時の国立がんセンター病院(東京)に勤務した後、2002年にオープンした静岡県立静岡がんセンターの肝・胆・膵外科部長に就任。

すい臓がん切除後に抗がん剤治療を行う全国的な大規模臨床試験で代表研究者を務め、患者の2年生存率70%、5年生存率45%という驚異的な数字で世界から注目。

趣味は音楽鑑賞で小澤征爾の大ファン。

 

肝臓が沈黙の臓器と言われる理由や、肝臓の3つの働きについては

↓↓↓

情熱大陸で上坂医師が挑み続ける沈黙の臓器「肝臓」とは?

 

 

*この記事を書いている最中に、フジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」「とくダネ!」などにコメンテーターとして出演していたジャーナリストの竹田圭吾さんが10日午後2時ごろ、膵臓がんのため都内の病院で死去した。

という残念なニュースが飛び込んできました。

51歳。

竹田さんは昨年9月にがんを番組内で告白した後、やせ細った姿で出演を続け、鋭い舌鋒で時事問題を斬り、最後までジャーナリストとして使命を貫いた方。

ご自身のツイッターに記されていたとされる

「どれだけ治療が順調で、家族に寄り添われて、友人や仕事仲間から励まされても、孤独からは絶対に逃れられない」という文言が、生きるを伝える:宿命を使命にかえて クラウン「林志郎さん」の活動とリンクするのでした。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ



BBX サプリメント

スポンサーリンク