MediaBox

自然豊かな場所で、何にも縛られずに動物たちと豊かに暮らす事が夢です。

好きなこと色々 日常

認知症予防改善に役立つアロマテラピー

投稿日:

LINEで送る
Pocket

テレビ番組で放映されて以来、アロマテラピーが認知症の予防や改善に役立つことが知られています。

アロマスプレー

これは、視覚、聴覚、味覚、触覚の4つの感覚器と嗅覚とでは、香りが脳に伝わるルートが違っていることが、関係しています。

スポンサーリンク

認知症発祥のメカニズム

アロマテラピー検定公式テキスト1級より

アロマテラピー検定公式テキスト1級より

認知症を発症すると、まず「記憶の貯蔵庫と言われている脳の部分である海馬(かいば)」 がダメージを受けると考えられていましたが、近年の研究で、海馬に直結した「嗅神経(きゅうしんけい)=嗅覚を司る嗅神経(嗅神経)」が最初にダメージを受けるとわかってきました。

嗅神経のダメージが海馬に伝わり、記憶機能を破壊しながら脳全体の機能を低下させていく、それが認知症を発症するメカニズムだったのです。

2003年にアメリカでは、「アルツハイマー病においては、記憶が障害される前に嗅覚が障害される」と論文を発表した医師がいました。

この論文では、アルツハイマー病14人中12人に嗅覚障害が認められたそうです。

日本もこの事実に気づき、嗅神経を効果的に刺激すれば、認知症を改善できるのではないかと考えた医師が、日本における認知症アロマセラピーのパイオニア的存在である鳥取大学の浦上克哉教授でした。

嗅神経はもともと他の脳神経より再生能力が高く、適切な香りによる効果的な刺激で機能が回復しやすいといいます。

嗅神経が正常に機能するようになれば、それに直結している海馬も活性化し、認知症は自然に改善に向かっていく、というメカニズムの発見が「アロマは認知症予防に効く」といわれるようになった理由です。

 

アロマテラピー検定公式テキスト1級より

アロマテラピー検定公式テキスト1級より

認知症の予防には、交感神経と副交感神経のメリハリをつけることも大切です。

昼間は、脳をしっかり起こして、夜になると安ませるというメリハリです。

このメリハリをつけてくれるアロマのブレンドが、
昼間のローズマリー(2滴)+レモン(1滴)
夜のラベンダー(2滴)とオレンジ(1滴)

今では、色々なメーカーさんから、あらかじめブレンドされたものが販売されていますから、とても便利に使えるようになりました。

アロマテラピーで使われる精油(エッセンシャルオイル)は、雑貨屋さんなどにおいてある場合もあるのですが、アロマやハーブの専門店での購入をオススメします。

そして専門店には、ら年ダーにしても、ローズマリーにしても、産地が違っていたり、成分が全く異なるものなど色んなラベンダーやローズマリーがありますから、わからない場合は、必ず店員さんなどの聞いて、購入してください。

ちなみに、

ラベンダーは、真性ラベンダー(ラベンダートゥルー)。

ローズマリーは、ローズマリー・カンファーです。

今では、色々なメーカーさんから、あらかじめブレンドされたものが販売されていますから、とても便利に使えるようになりましたので、そういったものを上手に利用したほうが、経済的で便利かも知れません。

 

私が、自分用や母用に何度もリピートしているのが、国内でもトップクラスの品質を保つハイパープランツ社のものです⇒『 ハイパープランツ 昼用/夜用ブレンドアロマ 』

届く商品はコチラ↓ ↓ ↓

認知症予防&改善アロマ

認知症予防のためだけではなく、昼用ブレンドは、仕事の集中力を高めて効率よくすすめるためにも役立ちますし、夜用ブレンドは、その名のとおり、夜の上質な眠へとつなげてくれるブレンドです。

ラベルはとってもかわいらしいくって、詳しい成分分析票の添付はなかったものの、こちらのメーカーの精油はかなりの高品質です。

おまけの「おやすみ羊のテラコッタ」もついていて、これに夜用精油を落として枕元に置いておいてね、というものなのですが、ペーパーウエイトとして使っても可愛いです。

昼用と夜用のブレンドが、各10mlずつで税込3,240円(送料無料)と、品質の割にはかなりお得!

他にもアロマペンダントとセットになったものや、アロマランプとセットになったものなど、予算や用途に合わせて選べるようになってます。

そして、嬉しいことに、化粧水の試供品もサッパリ用と普通用の2種類×3回分もついていました♪

DSC_0061.JPG

『 ハイパープランツ 昼用/夜用ブレンドアロマ 』

 

アロマを使う時の大事な注意点

100%植物成分だから安全!と思っていらっしゃる方もおおいのですが、それは大きな間違いです。

植物が持つ成分は、もともと人間の都合の良いように作られるわけではありません。

香りによって、昆虫を呼び寄せて受粉してもらったり、自分自身を虫やカビなどから守ったり、他にも色んな役割や成分を持っています。

そして、この精油(エッセンシャルオイル)は香りの成分が濃縮されたものなのです。

妊娠時やお年寄り、また既往症(きおうしょう=今は治っているけど、以前何らかの疾患を患ったことがある)などの方は、お医者様に相談してから使ってください。

そして原液塗布は危険ですし、飲用もできません。

*他国で、医療従事者が、お薬的に使う場合はありますが、日本においての精油はあくまでも雑貨扱いです。

まとめると

加齢と共に、記憶力の低下や、物忘れの激しさに自分でも愕然としてしまうことが多々あります。

お薬やサプリに頼る前に、こういったものを上手に使って、愉しみながら認知症も予防していきたいな、と思います。

 

人気ブログランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです!

人気ブログランキングへ



BBX サプリメント

スポンサーリンク