MediaBox

自然豊かな場所で、何にも縛られずに動物たちと豊かに暮らす事が夢です。

夢の途中 好きなこと色々 日常 流れ星

みずがめ座δ流星群2017の見ごろのピーク時間と方向方角は?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

みずがめ座δ(デルタ)流星群が2017年は好条件で観測できそうです。

この季節は、8月20日くらいまでの間、一年の内で一番多くの流星を見ることができる楽しみな時期です。

その中で、1番はじめにやってくるのがみずがめ座δ(デルタ)流星群

昨年のみずがめ座δ(デルタ)流星群は、月齢の関係や月が昇ってくる時間の関係で、あまり好条件ではなかっただけに、今年はとっても楽しみな流星群の1つです。

ここでは、2017年のみずがめ座δ(デルタ)流星群の見ごろのピーク日時や方向方角についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

みずがめ座流星群とは?

みずがめ座の流星群は、実はいくつかの流星群にわかれていて、他の流星群とは違い少し複雑です。

みずがめ座δ(デルタ)流星群は、5月に出現するみずがめ座η(エータ)流星群と同じく、みずがめ座を放射点とする流星群で、母彗星はマックホルツ彗星です。

みずがめ座流星群は、

みずがめ座流星群はまず、北群と南群に分かれており

  • みずがめ座δ(デルタ北群)
  • みずがめ座δ(デルタ南群)←今回の主役
  • みずがめ座ι(イオタ北群)
  • みずがめ座ι(イオタ南群)

と、4つの流星群から構成されているからです。

この中で主流は、7月末に出現する今回のみずがめ座δ(デルタ南群)です

この後には、みずがめ座ι(イオタ)流星群もやってくるのですが、こちらはとても小さいことと、どの流星群からの流れ星なのか、素人に見分けるのは無理のようです。

なので、7月のみずがめ座流星群といえばこのδ(デルタ)流星群のことをさします。

 

2017年の見ごろのピーク日時はいつ?

極大日をチェック

まず、観察場所や月の条件などは考慮せずに、流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期を極大(きょくだい)というのですが、2017年の極大日をチェックすると以下のようになっています。

・みずがめ座δ(デルタ)北群:2017年8月9日

・みずがめ座δ(デルタ)南群:2017年7月28日

・みずがめ座ι(イオタ)北群:2017年8月20日

・みずがめ座ι(イオタ)南群:2017年8月5日

それぞれに極大日が異なっているのですが、主役となるみずがめ座δ(デルタ)南群のピーク日時について、もうちょっと詳しく見ていきます。

流れ星が一番出現する日にちが7月28日だということはわかりました。

今年、好条件で見られる理由は、月明かりの影響を受けにくいからです。

月明かりは、月の大きさと関係ありますから月の大きさと関係のある月齢を見ていきます。

月齢と月の大きさをチェック

7月28日の月齢は4.7。

数字で見てもなかなかピンとコないと思うのですが、月のマークを見るとわかりやすく、三日月型の細い形をしています。

これは、月が出ていても月明かりの影響を受けにくいということです。

201707月齢

 

もっとも見えやすい時間帯は?

流れ星をみるためには、「空が暗いこと」が最低条件になります。

今年2017年はあまり月明かりを気にする必要はないようですが、月の沈む時間もチェックしていきます。

ちなみに月の出や月が沈む時間も毎年変わるし、都市によっても太陽と一緒で違うんですよ。

月が沈む時刻は(東京時刻)

・7月26日:20:50
・7月27日:21:26
・7月28日:21:59
・7月29日:22:32

となっていますから、この時刻よりも後が見えやすい時刻になります。

ここで、いったんまとめると、みずがめ座δ(デルタ)流星群の見ごろのピーク日時は

  • 7月27日(木曜日)の22:00以降
  • 7月28日(金曜日)の22:30以降

この2日間は同じくらいの好条件で観測できそうです。

方向・方角は?

みずがめ座流星群を観測するための方向・方角は真上です。

実は、みずがめ座流星群に限らず、流れ星をみる方向方角はいつも真上になります。

 

理由は、流れ星は、四方八方から流れては消えていきますから、ある一定方向ばかりに集中してしまうと、逆に観測できる数が少なくなってしまう場合があるのです。

なので、ご自宅のベランダなど、見える方向が限られている場所はあまりおススメできません。

「真上を見る」のが一番沢山見る方法なので、街灯のない場所でみるのがポイントです。

また、人の目は、屋外の暗さに目が慣れるまで、少し時間がかかりますから、流れ星を観測する場合は最低でも30分程度は観察を続けたほうがよいですね。

みずがめ座流星の出現数は決して多くはないのですが、それでも最も多く流れるδ(デルタ)南群の場合は、1時間当たりに最大で10個程度で、その他の群は1個から3個程度と、非常に少ないです。

30分たど5個程度、15分だと2個から3個は観測できそうですが、均等に流れてくるわけではなく、続けて2,3個見えた!と思ったらあとは20分見えない、みたいなこともしょっちゅうありますから、ちょっと気長に見上げてみてくださいね。

30分真上を見続けるっていうのは、かなり首が痛くなるので、できれば公園なんかで寝転んで見るのが1番です!

スポンサーリンク

まとめ

ここでは、2017年のみずがめ座δ(デルタ)流星群の見ごろのピーク日時と方向方角についてまとめてみました。

ピークの日時は

  • 7月27日(木曜日)の22:00以降
  • 7月28日(金曜日)の22:30以降

方向・方角は「真上」です。

あと、Youtubeに流星についての動画がありました。

映像もとっても綺麗で、流れ星についてとてもわかりやすく解説せていますで、ご興味があればどうぞ。

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

BBX サプリメント

スポンサーリンク

-夢の途中, 好きなこと色々, 日常, 流れ星

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREV
着せ替え靴(Johnny&Jessyジョニーアンドジェシー)は通販で買える?
NEXT
やぎ座流星群2017の見ごろのピーク時間や方角方向は?
BBX サプリメント