MediaBox

自然豊かな場所で、何にも縛られずに動物たちと豊かに暮らす事が夢です。

夢の途中 日常

みずがめ座η流星群2017関東・東京の見ごろのピーク日時や方角方向は?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

水瓶座η流星群

みずがめ座η流星群は毎年5月のゴールウィーク頃に見頃のピークをむかえる流れ星です。

今年2017年は、昨年ほど観測条件は好条件ではありませんがそれでも良好です。

みずがめ座η流星群の特徴は、出現期間が長いこと。

もちろん見頃のピーク日時はあるのですが、1月のしぶんぎ座流星群のように数時間で見頃が終わりではないので、お天気が良い日を狙って空を眺めることができる流れ星です。

ここではそんなみずがめ座η(エータ)流星群について、見頃のピーク時刻や邦楽・方向、また1時間に見える個数などについてまとめています。

みずがめ座η流星群について

みずがめ座η(エータ)流星群の母彗星はハリー彗星。

南半球では、北半球で8月に見頃のピークをむかえるペルセウス流星群並の数を誇る流星群ですが、残念ながら日本を含む北半球ではそれほど多くは観測されません。

みずがめ座には流星群が3つあり、1つ目が今回GW頃に観測されるみずがめ座η(エータ)流星群で、2つ目は6月下旬頃のみずがめ座δ(デルタ)流星群で、3つ目が8月中旬に見られるみずがめ座ι(イオタ)流星群 です。

関東(東京)での見頃のピーク日時

みずがめ座η(エータ)流星群の見頃のピーク

  • 第一候補が5月6日(5月5日の深夜過ぎ)0:00~夜明け
  • 第二候補は、5月5日か7日0:00~夜明け

と、一番の見頃のピーク5月6日の0:00~夜明けの前後、各2日間も見頃のピーク範囲なので3日間は見頃といえます。

例年GW時期って、意外にお天気が悪かったり肌寒かったりすることも多いので、見頃のピークが3日間あるというのは嬉しいです。

極大時刻って何?

流れ星の見頃の日時を調べようとする時「極大時刻」という表示がされていることが多いです。

極大時刻とは、その流星が1番沢山流れる時刻なんですが、見頃のピークとは異なります。

というのは、極大時刻は夜とは限らないからです。

今回のみずがめ座η(エータ)流星群n極大時刻は5月6日(土曜日)の朝10時。

どんなにこの時刻に沢山の星が流れるんだよ、と言われても太陽の明るさに負けてしまって、流れていても見ることはできません。

また月の大きさによっても変わってきます。

極大時刻が、大きな満月が出ている時刻と重なれば、これもまた太陽ほどではありませんが月明かりに負けてしまいます。

今年の月は満月手前の月齢11で大きいです。ただ、深夜遅くに沈みマスカラ極大時刻は外しますが粗雪あかりのない時間帯で観測することが可能です。

ちなみに、東京地方の月の出入り時刻はこちら。

5月5日の深夜=正式には5月6日になりますが1:41分に月が沈みます!

なのでこの時刻5月6日の深夜1:30頃から太陽が登る明け方までが1番の見頃のピークになります。

東京月の出入り

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/2017/m1305.html

 

見る方角や方向は?

みずがめ座η流星群を見る方向方角は、月と反対方向の真上です!

流れ星は放射点と行って、中心かr四方八方に流れますから、ある方角だけをみていては見落としてしまいます。

基本的には真上なのですが、今年は月が完全に沈まないと、比較的大きな形をしていますから要注意です。

ちなみに、月も太陽と同じで東からのぼって西に沈みますよ。

1時間に見える数は?

みずがめ座η流星群が、1時間に見える数はおおよそ20個。

単純計算だと、15分に5個位の流れ星が見られる計算になるのですが、実際は空の条件の良いところでも1時間あたり10個程度です。

空が明るいところや視界が開けていないところで実際に見えるのは、5個程度と予測されています。

流れ星というのは気まぐれで、2、3個続けて見えたあとは15分位流れない、みたいなパターンで流れることが多いです。

出来れば30分位、最低でも20分位夜空をながめていれば大丈夫そうです。

そして、このみずがめ座η流星群は、ロングエコーと言って、長く尾をひく流れ星です。

パッと大きく輝いて一瞬に消えていくものに比べて、ゆっくりした流れで見えるので観測しやすくもあります。

願い事も、早口言葉で唱えられるかもしれませんね。

また、みずがめ座η流星群の活動自体は、4月末(4月19日以降くらい)~5月10日頃までと期間も長いので、見頃のピークを逃したとしても観測できる日にちとチャンスはたくさんあるのもうれしいところです。

まとめ

ここでは、5月のGW頃に見頃のピークをむかえるみずがめ座η(エータ)流星群について

  • 見頃のピーク時刻
  • 見る方角や方向
  • 1時間に見える個数 などについてまとめています。

今年も天体ショーの季節が、このみずがめ座η(エータ)流星群を皮切りに訪れる季節になってきました。

今年は、昨年に比べると、どの流れ星も条件的には劣るものが多いのですが、それでもお天気さえ良ければ十分に観測できそうです!

 

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

BBX サプリメント

-夢の途中, 日常

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREV
達磨林檎「ゲスの極み乙女。」のCDが5月10日に発売決定!
NEXT
大濠(おおほり)花火大会2017穴場スポットと渋滞・混雑状況まとめ
BBX サプリメント